201344375_2248355705301492_2634778230796849661_n.jpg 218143476_2276824142454648_2838897515911524251_n_20210919031934867.jpg img20210810025406001028.jpg 2020-09-11-13-13-22_thumb.jpg img20210810025406773611.jpg o1000078614116087242.jpg

 

地球の恵みと対話するジオ・ガストロノミー

 

地球の上に暮らす私たち人類は、大地、太陽、月、風、海流、森、地質、雨、霧、様々な自然環境と密接な関係をしながらながら地域ごとの食文化を形成しています。「ジオ・ガストロノミー」プロジェクトでは、自然と共生する食の生態系を見直し、地域に根付く郷土ごと食文化のユニークネスを尊重した未来のフードシステムの在り方を考えてゆきます。
 

 

 

Geo Story  

地球と対話する食のストーリー
 
宇宙ミッション・打ち上げ成功
(2022/2/20_02:39 JST @USA)

「宇宙ミッション」打ち上げ 

ジオ・ガストロノミーのメッセージを国際宇宙ステーションにパネル設置。2月20日に打ち上げ日成功。

「FEEL JINGU」と食循環  

伊勢神宮 公式映像「FEEL JINGU」の中に込められた食と人類の循環へのメッセージを考えます。

グレイスの地、栃木  

豊かな自然環境と共生することで育まれる芳醇な時の流れが存在し、自分自身に戻れる地、栃木県。

慶應義塾幼稚舎生の未来提案  

ジオ・ガストロノミーをテーマに授業を行なってきた慶應義塾幼稚舎生からの未来への提案を世界へ。

比叡山延暦寺と精進料理

比叡山延暦寺が伝える「山川草木皆仏(さんせんそうもくみなほとけ)」。その教えから学びます。

「Masterclasses」映像公開

国連ワールド・フード・フォーラムと日本ガストロノミー学会、FOOD LOSS BANKの作品が公開。

鶴岡 山伏の食文化  

山形県鶴岡市。山伏の聖地でもある出羽三山に源を発する精進料理の知恵と自然共有の心。

伝教大師、最澄の教え  

2021年に大遠忌1200年を迎えた伝教大師最澄の教えを、比叡山延暦寺 執行 水尾寂芳 様に伺いました。

国連WFFに出展  

2021年10月に国連ワールド・フード・フォーラムのエキシビションに出展。次世代に向けたメッセージを発信。

マンガで伝えるジオ  

京都芸術大学マンガ学科と連携をした漫画「ジオ・ガストロノミー」、いよいよ2022年3月に公開予定。

江戸料理からの学び 

東京都吉祥寺で江戸料理「晩酌や 月」を営む 福留 章 氏。時を超えた料理の数々を学びます。  

醤油の未来

米国コネチカット州でクラフト醤油を製造する「MOROMI」社のボブ・フローセンス氏の思想。

 

日本茶は大地の雫  

美味しい日本茶を入れるためには水が重要です。日本各地でその土地ごとの特性を活かした日本茶があります。

杉浦仁志の世界  

ヴィーガン料理人の第一人者 杉浦仁志シェフが考える地球と対話するジオ・ガストロノミーの哲学。

“MANMAGOSE”の教え 

料理人 黒沢俊光 氏と「四里四方」の出会いは祖母から受け継がれた「まんまごせ」の知恵。 

福島檜原 深山の魅力

「じゅんさい」、「そば」、福島県北塩原村檜原地区の食文化から感じる地球と生命の営み。  

地球は植物の星  

「植物化学」の専門企業 常磐植物化学研究所が考える「植物の惑星 地球」の知恵をお聞きしました。 

青山志穂の塩の話  

ソルトコーディネーター青山志穂さんが考える「地球と塩の関係」と「人間社会へのメッセージ」。

ガストロノミーツーリズム

2022年6月に奈良県で開催される予定の「第7回 ガストロノミー・ツーリズム世界フォーラム」に注目。

レアベジタブル

希少性のある山菜、野菜、香草、薬草を発見してゆくことで地球の恵みと共生するプラントベース社会を作る。

価値観のシフトと食

SBNR(Spiritual But Not Religious)思考で考える自然共生を軸とした世界の価値シフト。

石垣島からの手紙 

料理人、経営者、行政が垣根を越えて石垣島で語りあう「これからの自然と食の循環」。 

山の国、飛騨の国

飛騨の里山文化にみるサステナビリティーなSATOYAMAガストロノミー。郷土食を見つめ直すひととき。 

イタリアのジオ

地域に根差し、土地のユニークネスと家庭の味、そしてコミュニティーん絆が存在するイタリアのジオとは。 

Local Hospitalityの心

ホスピタリティーの在り方が変化してきている現代、どんなモノサシを心に持つべきでしょうか。 

江戸グリーンエコノミー 

循環社会を実現した江戸の知恵を未来のソリューションへ。地球と地域と人に優しい仕組みとは。

美食地質学「ジオリブ」  

神戸大学 巽好幸 名誉教授。世界一の「変動帯」日本列島を舞台に地質と食の関係性を解明します。

PARTNERSHIP